トモユキ・ヤマダ

私は簡単にする前に、スターアライアンスの技術アドバイザーとして働いていました。私はインド全域のプログラマーやエンジニアを管理していました。この経験は私の日常的なビジネス交流における文化的意識の重要性を含めるために私の視点を広げる助けとなりました。

私の仕事を通じて、多くの日本人は、ますますボーダレスな世界で働く独自のコミュニケーション上の課題を抱えていることがわかりました。日本の専門家は、自社や海外のパートナーとの関係の質を変えることができるのは、自己認識とコミュニケーションの改善だけです。

この移行をサポートするために、私は5Aフレームワークと呼ぶアプローチを使用します:受諾、崇拝、承認、アシスト、アクティブ。ますます多様化する作業環境では、古い "譲り受け"はもはや適用されません。それは今、「与えて与える」方法と、これを持続可能にする方法を知ることです。

私は現在、グローバルな舞台で倫理的に情報を得られ、活躍できる人材の育成に専念しているCSRユニバーシティ・ジャパンの取締役に就任しています。

私の円滑化作業では、コミュニケーション能力を重視しています。当初はWebデザイナーのスペシャリストとして訓練されていましたが、私が働いていたチームのために自分自身を助けてくれたことがよくありました。コミュニケーションは内部的なチームワークだけでなく、ビジネスへの道筋一般市民やステークホルダーとのコミュニケーションを図ります。

最近の本棚への追加:

!エリン・マイヤーによる文化地図グローバルであること:ÁngelCabrera&Gregory Unruhが変容した世界をどのように考え、行動し、リードするかAdam Grantの成功への革命的アプローチ

私は簡単にする前に、スターアライアンスの技術アドバイザーとして働いていました。私はインド全域のプログラマーやエンジニアを管理していました。この経験は私の日常的なビジネス交流における文化的意識の重要性を含めるために私の視点を広げる助けとなりました。

私の仕事を通じて、多くの日本人は、ますますボーダレスな世界で働く独自のコミュニケーション上の課題を抱えていることがわかりました。日本の専門家は、自社や海外のパートナーとの関係の質を変えることができるのは、自己認識とコミュニケーションの改善だけです。

この移行をサポートするために、私は5Aフレームワークと呼ぶアプローチを使用します:受諾、崇拝、承認、アシスト、アクティブ。ますます多様化する作業環境では、古い "譲り受け"はもはや適用されません。それは今、「与えて与える」方法と、これを持続可能にする方法を知ることです。 私は現在、グローバルな舞台で倫理的に情報を得られ、活躍できる人材の育成に専念しているCSRユニバーシティ・ジャパンの取締役に就任しています。

部分的なクライアントリスト

  • BASFジャパン

  • Burson-Marsteller

  • 日本の自衛隊創造機関

  • Gravitas Inc.

トレーニングの分野

  • 異文化チームで働く

  • グローバルリーダーシップのコミュニケーション

  • CSRと多様性の問題

教育

  • MBA、オーストラリアのボンド大学との共同プログラム、東京の大前健一大学院

サービス

  • ワークショップファシリテーション

  • 共同促進

  • 連続翻訳

トモユキ・ヤマダ
ファシリテーター

© Milestone International 2017