私たちについて

マイストーンとは

2008年2月のマイルストーンを東京に創業時には個人のネットワークとして、すでに重要なお客様との関係を築いて参りました。

グローバルネットワークにおけるローカルチームの一員として日本及び世界の一流企業と協業できてきたことはとても興奮なことでした。

日本と世界において必要とされるお客様のラーニング需要に対して私たちのネットワークにある最適なスキルを提供しています。

最小のコストをこのようにすることで最大限チームの影響力を効果的に世界基準のラーニングエクスペリエンスを提供することを可能にしています。

ディラン・スカダー
コンサルタント
ミナコ・マサキ
ファシリテーター
デヴィッド・ヒューム
メンター
タニア・コーク
メディエーター
トモユキ・ヤマダ
ファシリテーター
ノリコ・スカダー
コーチ
Show More
Unilever
EBRD
Mitsubishi
Global-Compact
Tokyu-Land
Unilever
EBRD
Mitsubishi
Global-Compact
Tokyu-Land

考えと理解をはっきりさせる
- 例を挙げていただけますか?
- もう少し具体的に説明してくださいますか?
- つまり…ということですか?

- どのような問題を解決しようとされていますか?

思い込みに挑む
- それはいつも同じですか?

- つまりこのように…考えていますか?

- どのように証明、もしくは反証できますか?

- もしも…であればどのようになりますか?

証拠や根拠を調べる

- どうしてそのように言われるのですか?

- どうしてそのように知っているのですか?

- なぜ?

- どのような根拠からそのように言っていますか?

他の見方がないか考えてみる

- 他に代わりはないですか?

- 他の見方はありますか?

- 何があなたの見解をよりよくしてくれますか?

- 誰が影響を受け、彼らはどのように思いますか?

私たちの強み、他との違いは?

それは3つあります。まず初めに何にフォーカスするのか?それは意思決定です。二つ目には現実の課題をシミュレーションする私たちの学習経験をデザインすることによってどのように意思決定が改善するようにサポートすることができるのか?ということです。三つ目には私たちのチームごとによる学習アプローチです。
なぜ意思決定を強調するのか?それはビジネスにおける知識やスキルは日々進化していますが、常に時間や限られた予算に対するプレッシャーの中、優先順位をつけて最も価値のあるものを選択するための良い決断をすることは残っているからです。

なぜ現実とつながるシミュレーションに強調するのか?良い決断をするということは講義を聞くことやケーススタディからだけでは手に入れられないからです。それは安全な環境の中で内省やオープンディスカッションを通して自身の間違いや傾向をトライアンドエラーのサイクルから鍛えていくようなものです。

 

なぜチームごとの学習方法を使うのか?それは単純に、例え個々の決断をするにしても、他者の効果的な実行に依るからです。この合意形成によって私たちの説明に説得力を持たせなければならないですし、私たちの決定よりも合理的な決定を受け入れる準備をしていなければなりません。

要するに私たちは参加者が状況を分析する能力を高め、難しい決定を行い、チームで働き、最高の決定を行動に反映できるような困難だけれどもやりがいのあるエクササイズを提供し、潜在能力を発揮するよう参加者をサポートします。そして私たちは参加者が毎日直面する現実の課題にどのようにこの学びを生かせるのか十分に反映させます。

実行と結果について考える

- その実行と結果は何でしょうか?

- それはどのように影響しますか?

- もしもあなたが間違っていたらどうされますか?

- 私たちの経験からどのようなことが起こるでしょうか?

包括的な質問

- 私がその質問をしたことをなぜだかわかりますか?

- それはつまりどういう意味ですか?

- その質問のポイントは何ですか?

- 何か私が聞くべきことはありますか?

© Milestone International 2017